2011年 04月 20日
また、逢いましょう
今日、南相馬市から避難されていた方々が、南相馬市へ一時帰宅しました

そのまま、帰られる方、一時帰宅して車などを持って戻って来る方、いろいろです
(村では、7月まで避難希望者は、数か所の宿にまとまり…延長受け入れ)

一時帰宅し、実際にご自分の目で今の状態を見て、これからの事を決めるのでしょう




昨日、コーギーみゅーちゃん家族が、わざわざ挨拶に来て下さいました
「本当は、福島の物を持ってお礼に来たかったのですが…それが出来なくて」と、わざわざ近くでお菓子を買ってきて下さいました

「みゅーが頂いたケージを気に行っているので…頂いて帰っても良いですか?」
もちろんです



災害前は、お庭で過ごしていたみゅーちゃん
きっと、原発や余震が心配なので…これからは、Lawnお古のケージで室内にするのでしょう

「本当に助かりました、そして片品村の方々の暖かさに感謝します」

「いつか、またお会いしましょうね?」
「はい、また落ち着いたら遊びに来ます」

「TVで体育館で過ごしている方を思うと、3食温泉付きで過ごせた私達は、心苦しいです」
「でも、決めるのは自分ですから…まずは安全に過ごせて良かったですよね」



みゅーちゃんのお家は、高台にあって津波からの被害は免れたそうです
でも以前、海までの間に有った家々が全て無くなって…今では、海が全て見えるそうです

「南相馬市へ帰っても、周りの家に人が居なかったら怖い気がします」
お父さんは、仕事先の会社が存続を出来なくなったそうです
お母さんは、ヘルパーさんのお仕事をされていたそうです

「また、別の介護施設を見つけて…働かなくっちゃ!と思います」


前向きな気持ちと、不安とお有りでしょうが…
ともかく、お無事で過ごせますように祈るしか私には出来ないのです



また逢う日まで、元気でいようね

by ajisai-junko-mama | 2011-04-20 22:21 | 日々の出来事


<< 剪定ブイブイ      スターダストレビュー群馬公演へ >>