2016年 05月 04日
やっつけるぞ!!


c0127703_1011236.jpg

昨日は、とーさんは秋色紫陽花の株の移植でした
我が家の強ーい味方<ミニユンボー君>フル活動


ミニユンボー、無くてはならない仲間であります
トコトコ。。。 トコトコ。。。


僕の名前は、ユンボー♪
君の名前は、ダンボ?♪ (な、なんだと!033.gif



c0127703_1085512.jpg

スピードは遅いので…
ミニユンボーで移動しているとーさんは
まるで遊園地乗り物に乗ってる子供に見えます^^




次から次へと種類を変えて生え続ける雑草たち

c0127703_10104372.jpg

圃場は全て手で草取りです
だから、作業手袋はすぐに穴が開いてしまうのです(-.-)
こりゃ~、仕方が無いですね



今年もミミズさんとご対面^^

ミミズさん、土壌改良宜しくお願いします
040.gif040.gif040.gif




c0127703_1095911.jpg

除草剤を使わない理由は、土が固くなるからです
土が固くなると、水を吸い込みにくくなるような気がします

c0127703_10102254.jpg

手作業が大変ですが、良い環境で秋色紫陽花を育てる為
日々、格闘です


c0127703_108941.jpg

庭のクリスマスローズもそろそろ切りましょうという事で…
まずは半分だけ



連休明けより、株の販売を開始します040.gif
販売は、6月中旬まで(花芽が大きくなると発送できなくなります)
オンラインショップは、コチラ



-------------------------------------------------------------------------------------

「私達、今年も皆さんに感動してもらいたいです! 」
秋色紫陽花たちも目覚めました!応援のポチ宜しくお願いします
040.gif
にほんブログ村 花ブログ 花農家・花き市場へ
ポチッと!
にほんブログ村 

by ajisai-junko-mama | 2016-05-04 10:52 | 秋色紫陽花 | Comments(4)
Commented by はっちゃん at 2016-05-05 20:23 x
わぁ~! 広い圃場の草取り、全部手で取るのですか?
我が家の狭い庭の雑草だけでもフーフー言っているのに・・・大変でしょうね~!
あの美しい秋色紫陽花が出来上がるまでには、ほんとに沢山のお仕事があるんですね~!

やっぱり、大分季節が違うのね。
クリスマスローズの切り花、素敵ですね。
こちらでは、もうすっかり葉がのびました。
Commented by wansippo at 2016-05-05 22:43
ユンボくんは、なくてはならない力強い味方なんですね。
機械による作業が増えて便利になっても、
広い圃場の除草手作業は、大変な重労働ですね。
ラジオとか、音楽とか聴きながら作業するのでしょうか。
私はラジオ聴きながら仕事してます。
Commented by ajisai-junko-mama at 2016-05-07 23:03
■はっちゃ~ん
雑草って次から次へと生えて来ますよね~(-.-)
余り小さいと取り残しが有るし、だいたい1回目が全て済んだ頃には
最初の所はもう違うのが生えていて~~~(涙;
endlessなのです

少し抜いた雑草の土を払って、残しておきます
私の経験だとそこがミミズの隠れ家?になるようで…
すなわちミミズが土を柔らかくしてくれる(微生物?)
すると、雑草も簡単に抜けます^^

剪定した枝は、花ばさみで小さく切りチップ状態に
自分でも何やってるんだろうと思います^^
腰に来ますね~草取りは

クリスマスローズ、今年は株を元気にするために
早目に花を全て切ってみました
Commented by ajisai-junko-mama at 2016-05-07 23:17
■ wansippoさん
機械は全てとーさん担当で、私には使わせてくれません
(使って壊す可能性もあるし、機械物は苦手なのです)
それに、機械だと隅々まで草取り出来ないでしょう?
アバウトな私なんですけど、案外草取りはコダワリが有るようで^^

土が柔らかくなっているので、草取りに力は使いませんが
腰に来るんですよね~~
ここ数日、グッタリです(><)
今日なんて、竜巻来る?みたいな強風で
強風の中、いつもより疲れちゃって夕食後、ソファーで爆睡^^

造園やさんが使うサイズの小さなユンボが有るからこそ、
大きな株の移植が出来るので、我が家には欠かせない機会です^^
ラジオつけたり、歌を歌いながら~♪
たまに人が居たりして、ギョッとします
名前
URL
削除用パスワード


<< ハウスが飛ばされるんじゃないかと      夕暮れまで >>