2008年 05月 29日
何故?簡易ハウスを建てるのか?  5月29日
昨日のブログ内容に、簡易ハウスを建てないと出荷出来ない!と書きました。
皆さんから、ハウスについてコメントを頂きましたので、この事に付いて・・・補足しますね?

まず、秋色紫陽花は種類により咲き始めは微妙に違うのですが、
おおよそ6月頃から花芽が出始めます
そして出荷する時期は9月~10月の2ヶ月間です

花芽が付き始めてから・・・出荷するまで、4ヶ月間良い状態で管理し続けなければなりません
その間、梅雨が有ります   台風も来ます   夏の猛暑も有ります
春から秋までの季節を過ごして、初めて秋色になるのですね

お庭で個人様がガーデニングで楽しまれるなら、当然ハウスや諸々の作業は必要ありませんが、
私達生産者は、売り物になる良い花を育てなければなりません

剪定もしなければなりません。
茎が真っ直ぐ伸びるようにしなければならない作業もあります。

ハウスにビニールをかけるのも長い期間中、
雨からの被害(病気や花形の変形)から花を守るのです。

また花にとって厳しくダメージが有る夏の猛暑さから
陽射しをコントロールする為にも寒冷沙もかけます。

それぞれ、気候やその年の状況によって、それぞれのタイミング(かける、はずす)は、
我々が状態をみて判断するのですね。

ですから、良い秋色紫陽花を育てる為には、簡易ハウスは必要なのです。
決して、市場さんが受け入れないと言う訳では無いのです。

特に、この村の秋色紫陽花は全体で共選もしますし、
ブランドものとしての責任をもって生産しますので・・・良い花を育てる為には必要な事です。

junko-mamaうまく説明出来ませんが、ハウスを建てるという事は、そういう理由であります。
                           emoticon-0139-bow.gif

by ajisai-junko-mama | 2008-05-29 13:46 | 秋色紫陽花


<<  待て!     5月30日      華のある人生だったなら・・・ ... >>