2008年 06月 21日
休めない病室     6月21日
Dr. junko-mama が自分の診察をしてみた
今回入院になった原因として考えられる事項
その① 昔から頭痛もちである為、毎日欠かさずに頭痛薬を飲んでいた
      頭痛薬単品での飲用 胃薬は一緒に飲んでいなかった
      その為、薬の乱用によって胃に穴が開く寸前の痛みと思われる
               ↑
              ヤバイ

その② 過労 junko-mamaは、就業規則を守っていなかった (労災きかず)
その③ カフェイン中毒 夏も冬も 愛す珈琲イーティンgoo~♪

その④ 思い入れが強すぎる為によるストレス (もっと良い花咲かせねば!)

本物のDr.の診察
<急性盲腸炎の疑い>  な~に、言ってんだか!
2年前に同じような症状で他の病院へ10日間入院した経歴あり!を一言話したら・・・
こんな病名をカルテに堂々と書いていたのを目撃

回診に来るとjunko-mamaの腹部を押して
『ここ、痛くないですか?』って。。。

痛いに決まってンでそ? そんなに強く押し付けたら。。。
盲腸で痛いんじゃ無いです。 先生の指の圧が強すぎます。。。。

で、先生なんと言ったと思います?
この脂肪の厚さだとオペ出来ません!』 だと?


確かに太っていると、開腹した際に脂肪が溢れ出て・・・
オペ室の床が油ギッシュになると聞いた事ある。。。
そのDr.必死で手術台につかまって転ばぬようにしたそうな。。。
マズイ。。。


たぶん、Dr.junko-mamaの診断の方が合っている   厚い脂肪以外は。。。


病室での想い出
最初は内科病棟に運ばれたjunko-mama
6人部屋で、同室のオバサマ方のお喋りが物凄くハイテンション
ピーチク。。。パーチク。。。
それが、看護師さんがjunko-mamaにいろいろ質問し始めたら・・・
ぴたっ!と皆、耳を澄まして聞いている

このオバサン達、、、いったい何処を患ってるんだろう~

薬が効いて眠り始めたと思ったら・・・『外科病棟へ変わります!』って。
車椅子に乗せられて目が廻るったら、ありゃしない!

外科病棟は、静かなおばさんばかり  あぁ。。。良かった。。。
ところが、後から入ってきたおばさん、、、イビキが、、、歯軋りが、、、半端じゃ~無い!
とうとう明け方まで同室の全員、眠れぬ夜を過ごす

退院間際にイビキのおばさんが話しかけてきた
あぁ。。。良かった!うるさいんですけどっ!って言わなくて。。。
次女の中学時代の担任のおばさんだった。。。

そう言えば・・・2年前の盲腸散らし入院の時、身の毛も立つような~怖い事が有った
次回へ続く。。。

by ajisai-junko-mama | 2008-06-21 14:42 | 日々の出来事


<< 休めない病室 part 2  ...      爆睡旅行?   6月19日 >>