2008年 02月 24日 ( 1 )

2008年 02月 24日
***街は春一番・山は猛吹雪*** 2月23日
明け方から物凄い風

裏の林の木々が、ざわざわ~ざわざわ~騒いでいた

午前中は晴天
お昼頃からだんだんと雪が降り出し・・・突風と雪がコラボ?して~
どうにも手が付けられない状況になってしまった

スキー場ではゴンドラが止まり
せっかくスキーに来たお客さんも、ガックシだっただろうなぁ

こんな吹雪の晩に限って・・・店は満員
嬉しいけれど、『こんな荒れた夜はお家に居た方が無難だよ~』と思う
(経営者たる者、考えなくて良い範囲であ~る)

吹雪の夜は、これぞ!雪山の雰囲気でワクワクするのは、何故だ?
停電や雷が鳴る夜も、私はハイテンションになる

何故だ?




お店に来てくれるボーダーは、村外が多い
冬ボードがしたくて、看護婦さんを辞めてまでボードをしたい魅力は、なんなのだ?

自分の子供には、人様に迷惑をかけなければ・・・
警察のお世話にならなければ・・・
でも、ちゃんと厚生年金が払えて社会保険証を貰える仕事にするんだよ?と、
言って来た

今の処、娘達は守ってる

こうして冬になると、
ボードがしたくて空き家を数人で借り、シーズン村人になる若者が年々増えてきている

彼らには、今ボードをすることが一番の課題なのである
不安は無いのか?
彼らにとって将来への考えは無いのか?

でも、彼らは生き生きしている
ボードのプロになって全国の大会に出掛けてる子もいる

店のロゴ入りステッカーをあげたら
『TVで○○(←店の名前)が写るように宣伝してきます~』

おい!店の宣伝は良いから・・・怪我しないで頑張れや~!
自分の力を出し切ってこいや~!

若者達から、今を大切に生きてるってパワーを貰う
したいことをしたら・・・ちゃんと生きて行くんだよ?と親の気持ちになる

中国産の怪しい野菜が騒がれて、つい買う時に生産地を確かめる

中国産の多いこと!

今こそ、国産の安心できる野菜を作るチャンスかもしれない
食は生きる源

若者達が、ボードをしながら農家を目指したら・・・良いかも知れない

安いからと中国へ作らせる時代は終わるかもしれない
そうすれば・・・日本の若者が職無しから抜け出せるかもしれない

農家さんが一つも無駄にはしたくない、大切に作った作物で
安心して食事を出来るように

学ぶ事はたくさん近くにある




     <今日のわんこ>

c0127703_3242890.jpg

清潔になる練習を始めました
こうして、洗面器にお湯を入れてタオルを浸して
そこにローンの手足を乗せて・・・手足が濡れる感触の練習です

c0127703_3274340.jpg

嫌がらずに、とーさんの指示に従うローン
後は、とーさんに乾いたタオルで拭き拭きして貰って・・・
『あ~っ!さっぱりした^^』と、ローンが思ったかどうかは、不明

by ajisai-junko-mama | 2008-02-24 06:33 | 自分らしく生きていく | Comments(10)